巨乳=垂れやすいはホント?

胸が小さいのは嫌だけど大きいのも嫌という女性は多いです。

その理由は色々ありますが、中でももっとも多くの女性から敬遠されている理由はやはり「(大きいと)胸が垂れるかもしれない」というものです。

胸が垂れるというのはありがちなことですが、これは非常に厄介です。

スタイルは簡単に崩れるし、女としてもプライドも壊します。

また、胸が垂れていることで猫背気味になってしまったり、必要以上にナーバスになってしまったりと百害あって一利ありません。

また、垂れることがなくても左右に離れてしまって「離れ乳」になることも十分にあり得ます。

特に胸が大きい人はこの「胸が垂れる」「胸が離れる」ということに対して非常に頭を悩ませています。

なぜなら、Aカップに比べて(世間的に巨乳と言われている)Eカップの重さは片方だけでも8倍もの差があるからであり、それだけの重さを支え続ける必要があるからです。

もちろん、それ以上の巨乳だとさらに負担は増える訳ですけどね。

だから巨乳は胸が垂れやすいっていうウワサは本当なのです。

けれど、貧乳でもケアを怠ると容赦なく胸は垂れますし、離れ乳になるんですよ?

「私、胸小さいから平気かな」

なんて考えは通用しません。

貧乳でも胸は垂れる!?

貧乳でも胸が垂れてしまうということを知らない人は案外多いです。

もちろん、巨乳の人に比べれば垂れにくいし離れ乳になりにくいですが、それでも全然被害がないなんてことはありません。

むしろ、貧乳の方が巨乳より離れたり垂れるとみすぼらしくなってしまいます。

なんで貧乳でも巨乳と同じように垂れてしまうんでしょうか。

胸が垂れたりしてしまう原因は胸の重さではないのでしょうか。

たしかに胸の重さは関係しています。

しかし、それ以上に胸が垂れたり離れたりしてしまう原因は筋肉にあるのです。

胸の筋肉が衰えてしまうと胸を支えられなくなってしまいどんどん垂れたり離れたりしてしまうのです。

だから影響が出やすいのは重い巨乳だってわけです。

胸の筋肉はバストアップトレーニングで鍛えたりバストアップブラでキープするのが得策です。

覚えておきましょう。