親も巨乳だと自分も巨乳になる?

こんな話を聞いたことはありませんか?

「胸の大きさや形は遺伝で決まっている」

という胸と遺伝の関係は深いという話です。

人間の身体は身長や顔、髪質など親や祖父母からの遺伝が強く出るものであり、その遺伝するものに中に胸の大きさも含まれているのではないかということはずっと昔から言われています。

そのため、
「私の胸が小さいのはお母さんの胸が小さいからだ……」
「この乳輪の大きさって絶対、遺伝だよね……」
と考えている女性は多いです。

これ、本当なのでしょうか?

バストサイズの大小は生まれつき決まっているのだとしたらバストサイズの悩みはある程度なくなります。

なぜなら親もしくは親の親や姉妹を見ればある程度自分の胸がどのようなサイズになるか分かるからです。

胸の大きさは「ある程度」遺伝で決まる

結論から言います。

胸の大きさはある程度遺伝によって決まります。

巨乳の女性が多い家系なら自分も巨乳になりやすいですし、貧乳の女性が多い家系なら自分も貧乳になりやすいのです。

成長期にどんなに栄養を取っても胸が大きくならないのも、逆に胸に良いことをしていないのにかかわらず胸がどんどん大きくなるのも遺伝が関係しているのです。

もし母親が大きいのに自分の胸が小さいのならそれは父親の遺伝が強かったのかもしれません。

しかし、遺伝によってある程度胸の大きさは決まりますが、それがすべてではないのです。

ストレスや生活習慣、女性ホルモンの分泌量など色々な要素も大きく関係してきます。

女性ホルモンのことは「たんびぶ(探美部)」というサイトがわかりやすいのでおすすめします。

そのため、遺伝である程度決まっているもののバストアップが無駄になるということは決してないということです。

むしろ胸が垂れたり離れたりすることを防ぐことができるという風に考えればバストアップはどんどんするべきなのです。